業務の内容 介護認定の流れ 介護保険のよくある質問 居宅の取り組み


 介護認定の流れ
本人または家族
(代行)最寄りの地域包括支援センター
(代行)指定居宅介護支援事業所
申請
市役所 介護保険課
訪問調査
ケアマネージャー(介護支援専門員)が過程を訪問し介護を必要とする人の身体機能、立ち上がりなどの日常的動作、記憶や理解などについて調査します
主治医意見書
主治医に対し申請書の身体上又は精神上の障害の原因である疾病又は負傷の状況等について意見を求めます(主治医がいない場合は市指定の医師)

1.一次判定
コンピュータによる客観的で公平な判定
2.特記事項
調査票では表現できない事項を記入
介護認定審査会(二次判定)
医療・保健・福祉の専門家5人程度から構成され、一次判定の結果、特記事項、主治医の意見書をもとに審査し、必要な介護の度合い(要介護状態区分)の判定が行われます
要介護状態区分
非該当 予防給付 介護給付
自立 要支援1要支援2 要介護1要介護2要介護3要介護4要介護5